駆除をするには時間帯がある

隙を見せると蜂はすぐに巣を作ります。蜂を駆除した後には、蜂が再び巣を作らないようにしないといけません。蜂が住みやすい環境に巣を作らせないように対策するにはタイミングがあります。ではそのタイミングとはいつなのかを見ていきましょう。

タイミングが悪いと効果が半減

蜂は昼間、外にでて餌を捕りに行きます。もし餌を捕りに行く昼間に駆除をした場合には、作業中に蜂が帰ってきます。そうなると、例え巣の中の蜂たちをすべて退治することができても、帰ってきた蜂に刺されてしまう恐れがあります。 ""

昼間に蜂駆除を行なうと刺されやすい(蜂駆除のプロ)

蜂は気温が高い昼に活発になります。そのため、夜は巣の中でおとなしくしています。巣が小さいうちに自力で駆除をする場合には蜂がおとなしくなる夜から早朝にかけての時間帯が最適です。しかし自力で駆除する場合は、自己責任で行なうことになります。

蜂駆除を行なうならタイミングの見極めが肝心!(蜂駆除のプロ)

蜂の巣の駆除は、少しでも危険を感じれば専門業者に頼みましょう。専門業者なら確実に駆除してくれるので、大きな安心感を得られます。さらに「自分では刺されるかも」という不安な作業も、専門業者なら速やかかつ安全にこなしてくれます。蜂の巣が小さいうちに駆除することは、今後の安全にも繋がります。巣が大きく成長してしまう前に駆除をして、さらに再発生しないように対策をする必要があります。駆除や対策は効果的なタイミングに合わせて行ないましょう。

安全に駆除するなら業者

蜂の巣を見つけて業者に頼らずに自分で駆除をしたが、翌年になるとまた蜂が巣を作っていたなんてことを経験した人もいるのではないでしょうか。もしかしたらそこは蜂にとって環境が良く住みやすい場所なのかもしれません。

TOPボタン